アスペルガーとADHD

最後に・・・

結局のところ、彼がADHDなのかアスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)なのかは分かりませんが、いろいろ調べた結果どちらかというとアスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)ではないかという結論です。もちろん、個人的な見解で、彼が医療機関で診断されたわけではありません。

 

彼が自分が何かおかしいと思って医療機関に行くことは、無いでしょう。
客観性がない彼に衝撃で書いたように、彼が一度体調を崩して、軽い自立神経失調症やうつ病の治療を受けたことがあるんです。

 

いろいろ調べて分かったのですが、それは、アスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)の二次障害だったのかもしれません。
その症状が悪化して、病院に行ってアスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)と診断される場合があるようです。

 

そのパターンで、もしかしたら、彼がアスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)だと診断されるかもしれません。
しかしながら彼は、その診断を絶対に受け入れないでしょう。それを認めることは、彼の人格からすると自尊心とプライドを著しく傷つけるからです。

 

彼が、自分がアスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)だと診断されても、絶対に自分はアスペルガー症候群(自閉スペクトラム)ではないと信念を持って、ありとあらゆる屁理屈と訳の分からない例え話を持ち出しながら一生懸命説明する姿が、鮮明に目に浮かびます。

もしかしたら、その医師の誤診だと主張することもあるでしょう。彼に言わせれば、「世の中に誤診というものが必ず存在するわけですから、それが自分に起こった」ということです。

 

大人のアスペルガー(自閉スペクトラム症)の診断は、非常に難しいといわれています。何かの検査で数値としてはっきり出るわけではありませんから。
つまり、あいまいなわけです。

 

そのあいまいさは、彼が自分がアスペルガー(自閉スペクトラム症)でないと主張するには、もってこいの状況です。
彼は、自分の周りにある自分にとって不利な事柄には、一切聞く耳を持ちません。しかし、自分にとって有利な事柄は、最大限に活用して話を展開していくのです。

 

 

 

ここまで、書いてきて読んでいる方が、疑問に思うんじゃないかという事を推測して、いくつか書きたいと思います。

 

@彼の奥さんは、どう思っているのか?

 

彼の奥さんがどう感じているかは分かりません。

 

彼は、彼自身や彼の意見を批判されたり、否定された時に変な屁理屈やいいわけで、自分を正当化したり、嘘をついたりするので、そのおかしさが出てくるのです。

 

逆を言えば、彼や彼の意見を肯定したり聞き流していれば、それほどおかしなところは、出てきません。
数年前までの私がそうであったように、ちょっとプライドが高くて自己中な性格なんだと思うでしょう。

 

一度、私が、まだアスペルガー(自閉スペクトラム症)やADHDの事を知る以前に、彼に「奥さんから、なんかおかしいとか言われたことが無いのか?」と聞いたことがあります。
彼の答えは、「ない」です

 

今となってみれば、全く意味の無い質問でした。
事実がどうかは関係なく、彼の答えは、「ない」に決まっているのです。彼がそんな事を認めるわけは無いのです。
もし、奥さんにそういう事を言われていたとしても彼の記憶からは、消えているでしょう。自分にとって都合の悪い事なので。

 

 

A彼は仕事をうまくやっているのか?

 

この件については、営業成績がトップのアスペルガー症候群に書かれていることが、完全に当てはまると思います。
彼は、営業成績はいい方でした。

 

簡単に言うと空気が読めないことが営業をするうえでいい方向に働いているんだと思います。
そして、営業は基本1人での行動で他人と仕事上で関わることが少ないんです。それが良いのかもしれません。もちろんお客さんとはかかわりますが、それほど深くかかわる仕事ではないので、よかったのかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加