高機能自閉症特徴

高機能自閉症とよばれる発達障害の子を持つ親

私がこの発達障害を知ったのは、ママ友の長男君が小学校入学してからADHDに気がつき、その事で大変傷つき悩んでいたのを見てからです。

 

この長男君は、赤ちゃんの頃から大変育てにくく育児が大変だったようですが、第一子だった為「男の子の赤ちゃんはこんなものなんだろう」と思いながら
頑張って育ててきたそうです。

 

赤ちゃんの頃から、首が据わるのが異常に遅い、ぐにゃぐにゃして抱きにくい、ミルクを飲まない、歩くのは早かったが常に走り回り、つま先歩きばかりする。

 

手遊びを嫌がる、こだわりが強い…典型的な発達障害だったのにも関わらず『私、全然気がつかなかったんだ』とうなだれていました。

 

やがて次男君が生まれ長男君と違い首のすわりもよく、すぐにしっかり抱けるように、ミルクはガブ飲み、しっかり歩き、手遊びは大好き。こだわりは特になし。

 

それでもまだ長男君の障害には気づかなかったようです。

 

『個性かと思っていた』

 

入園すると、オムツがなかなか取れない、取れてもトイレでしないでもらしてばかり…ただ、知的には大変高い子供だったようで、ひらがな、数字も教えずともスラスラ。

 

賢い子として有名だったというぐらいなので、ママ友はそこでも『やっぱり個性かな?』と思って入学までそのままで来てしまったようです。

 

私が本で読んだのですが、案外入学まで気づかずに過ごせてしまったというパターンも少なくないようです。


しかし入学後、座っていられない、癇癪がひどい、友達にカッとなって乱暴する、教室で暴れるなどの奇行が目立つ(強く?)なって、校長先生と担任から「相談に行った方がいい。この子はおかしい」と言われ、同級生の母親にも「あなたの子供は異常よ!」と言われ、ママ友は家で号泣の日々で、その悩みを聞いた私もつらく、涙が出てしまいました。

 

どこの世界にわが子をおかしいと言われ、前向きに受け止められるでしょう。

 

ママ友は打ちひしがれ、しばらく気力のないうつろな表情でした。

 

 

私もたまに長男君と会う事があるのですが、確かに自分が夢中になっている事、好きな事には驚くほど饒舌になりますが、普段は能面のような顔で、表情がないのが気になりました。

 

私が長男君に出会ったのはすでに小学一年生だったので、多動的な行動はあまりしていなかったのですが、コミュニケーション能力という部分はやや個性が強いなと思いました。

 

ただ、大変頭のいい子で、数字が絡んでくることに大変強く、また記憶力が驚くほどいいので「学校の成績がいいでしょ?」とママ友に聞くと「勉強はね…」と苦笑いされていました。

 

それに、長男君はとても端正な顔立ちでハンサムでした。

 

バレンタインデーにチョコレートを貰わなかった事がないぐらいで、女の子から人気のある子です。

 

女の子はませているので、顔だけで長男君が好きだった訳ではないようです。

 

女の子にはなぜか乱暴をしたりせず、優しい所もあったようです。(もちろん全ての女の子に対してではないようですが)
長所も沢山、あるのです。

 

長男君はすぐに療育に通いだし、少しずつではありますが、変化が見られるようになりました。

 

何よりもママ友の長男君との向き合い方が随分変わった、と言っていました。

 

しかし、療育もスタートが遅かった為、なかなか全ての問題をクリアしていけるようになった、という訳でもないようです。
課題は山積みで、これからまだまだ頑張らなくてはいけない、とママ友は言います。

 

 

ADHDは、本人も家族も大変生きづらいと思います。
自分の子供が世間に否定され続けるのは、身を切られるように辛い事です…。
もちろん、本人が一番大変であり、困っているのですが。

 

ママ友の言葉で忘れられないのは「いっそこの子が死んでくれたらどんなに楽かと思った」という言葉です。
発達障害の子が家族にいるという事、綺麗事ではありません。

 

私を含め、第三者が何をしてあげられるのか、いつも考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

大人ADHDと子供ADHD
ADHDとは注意欠如・多動症の意味で、子どもだけでなく大人にも症状に悩む人がいます。 大きく分けて不注意、衝動性、多動性に分けられます。
adhd子供
自分の子供が、ADHDかもしれないと思い、大学病院を受診しました。それからいろいろ調べました。
多動障害
注意欠陥多動性障害は病気でしょうか?注意欠陥多動性障害の特徴付ける性質の一つとして、異常な集中力と、その反面集中しずらいという症状があります。その診断も非常に難しいと言われています。